新興国通貨の投資メリット

今、新興国通貨で発行されている債券が高金利となっていて、多くの投資家の人気を集めています。そもそもこの時期に新興国通貨を基準とした金融商品がなぜ高金利になっているのでしょうか。

経済評論家やエコノミストが分析したところ、新興国通貨の金利が高い理由にはさまざまな事が考えられるのですが、各国の経済政策が金利をアップさせているのが一番大きな理由なのだとか。基本的な新興国の政策として、自国の通貨金利を高くして、投資対象とすることで先進国の堅実な通貨を自国内に呼び込むことを狙っているのです。

もちろん新興国にとって金利を高くするということは、その分自国内のインフレを促進することにもなるのですが、経済が発展基調の国であれば、インフレになってもその分給与がアップしていくので、金利が高くても経済が即破綻することはありません。

私たち日本の投資家から言わせると、金利の低い日本円建ての国債を買うより、当然新興国の金利の高い国債を買う方が儲かります。国債だけではなく、新興国の企業が発行する債券も金利が高いですし、そもそも外貨取引において新興国通貨を投資対象にすると、為替の金利差もあるし、新興国通貨の高金利もありますから、日本円を新興国通貨に換金して利を得て、さらにその新興国通貨を使って投資をすることで、新興国通貨の高金利を享受することができる好循環につながるわけです。

ただし、新興国の経済成長は特定の資源などの取引によって支えられていることが多いです。新たな資源の供給先が見つかるなどすれば、新興国の経済が一気に低迷するというリスクも抱えていることを忘れないでください。